箱根湯本のお食事処(昼食・ランチ・夕食) 「はつ花そば」
 
   
  箱根湯本 はつ花そば
 
はつ花の蕎麦へのこだわり はつ花そばのお品書き はつ花そばへのご案内 はつ花そばの歴史 はつ花そばからのお知らせ
  お知らせトピックス
  素材の追求 歴史と物語 はつ花とは

 
  ごあいさつ創業以来、箱根にご来湯の皆様には、はつ花をご愛顧いただき心よりお礼を申し上げます。箱根の自然と風光明媚の中に、古来より7湯の源泉が湧き出て箱根の観光資源の一つとしてお客様から愛され続けて参りました。その温泉場の一つである箱根湯本の湯場(ゆば)という地域で、商売を始めてから今日まで蕎麦一筋で歩んで参りました。
今後とも、より一層の努力とおもてなしで、皆様に愛され続けるはつ花でありたいと願っております。今後とも宜しくお願い申し上げます。
 

  自然薯(じねんじょ)とは自然薯とは、その名の通り山に自然に生える山芋の一種のことで、地中深くにまで細く長く根を張っていることでも知られています。現在では栽培もできるようになりましたが、昔は1本1本手作業で傷つけないよう手間をかけて掘られていたので、今以上に貴重な食材でした。
一般で市販されている、長芋・大和芋・イチョウ芋など(「山芋」という総称で呼ばれることがある)とは、まったく別の種類。自然薯の特徴はとにかく粘り気が強いこと。また消化吸収作用にとても優れているので、胃にとてもやさしい食材であることです。
更にミネラル(カルシウム、鉄分等)やビタミン等も豊富に含まれており、近年では疲労回復、成人病や糖尿病の予防、ムチンによるお肌の保水効果にも注目されている優良健康食材です。
箱根湯本はつ花では、この自然薯をすりおろし、そばに練りこんだり、とろろとしてお召し上がりいただいております。
 



   
  本店/箱根湯本温泉(湯本橋際) TEL0460-85-8287〜8 毎週水曜定休
  新館/箱根湯本温泉(弥栄橋際) TEL0460-85-5555〜6 毎週木曜定休

箱根湯本 はつ花の自然薯蕎麦(じねんじょそば 自然薯とは)は、水を一切使わずに「そば粉」「自然薯」「卵」のみで仕上げた極上の逸品です。つなぎに山芋を使用している為、時間が経っても蕎麦がのびない、という事で、「おみやげ蕎麦」としてもご好評を頂いております。 是非一度ご賞味ください。
 
Copyright(C) HATSUHANA All rights reserved.